銀行のカードローンでネット完結する銀行はありますか?

カードローンを作ろうかなと思っている22歳の会社員です。でも、会社に電話されるのが嫌なので、既にカードを持っている会社の同僚に相談したら、ネット完結したら簡単だよって言われました。職場での休み時間なので、詳しく聞けなかったので、自宅に戻ってパソコンで見たらWeb完結という言葉はありますが、ネット完結とは書いていませんでした。これは、同じ意味ですよね?ネット完結とはどういう事なんでしょか?

パソコンの前にいて申し込みから借り入れまでが出来ます

パソコンの前に座って必要な操作をするだけで、申し込みから審査、そして貴方が使っている銀行の口座に、お金が振り込まれるまでの一連の手続きを完了する事が出来ます。それをネット完結と呼んでいるのです。普通、カードローンを申し込むと会社に勤めている人なら、申し込んだ人の勤務先の会社で、実際にその人が働いているのかどうかの確認をする為の在籍確認という電話が掛かる事になるのですが、ネット完結のカードローンサービスの場合、この在籍確認の電話はありません。

そして審査の合格もメールで送られてきますから、郵便物が家に届く事もありません。カードローンの申し込みの時に、プライベートな事だという理由で、誰にも知られずに手続きしたいと思っている方は意外と多いのです。ちなみにWeb完結と言うのとネット完結という表現は、言い回しが違うだけで同じ意味です。でも、少し気になるのは、運転免許証とか、収入証明書なんかの必要書類はどうやって送るのだろうと思いますよね。これは、携帯電話で必要書類を撮影して、その画像をメールに添付してカード会社に送ればOKです。

但し、折角、写真を写しても、内容が見づらい、あるいは読みにくいという事になると、審査に落ちる可能性が出てきますので要注意です。(親切な会社は、もう一度送りなおしてくださいという連絡をくれると思いますが、これはやってみなければわかりません。)そして、もう一つ気になるのが返済をどうやってするのかという事ですよね。カードが無いのにどうやって返済するのって疑問を感じるかもしれませんが、ネット完結の場合は、銀行口座からの引き落としになります。またネット完結も、カード会社によって、必要書類、あるいはサービスの内容に多少の違いがありますので、細かな条件の違いは、申し込む会社のカードローンサービスをよく確認してください。

銀行のネット完結ローンは、申込手続きが迅速かつ手軽に行える

日々の暮らしにおいて急にまとまったお金が必要となることはよくあるものです。家賃や食費といった生活費の捻出から、急な冠婚葬祭、会社や取引先との飲み会、家族の怪我や病気の治療費、さらには家族の旅行やリクリエーションに伴う費用に至るまで、出費の可能性は盛りだくさん。しかしながら、こうやって必要な時に限って財布の中身や預金残高は目減りしている一方で、ついつい必要額も不足しがちになってしまいます。そうした時に利便性高く不足額を充たしてくれるのが銀行のキャッシングローンです。

キャッシングとは店舗窓口やインターネット、電話、メールなどで借り入れ申し込みが行えて、融資希望額を迅速に口座振り込みしてもらえるという借り入れ方法のこと。特に最近ではパソコンやスマートホンを経由して手軽に申請が行えるネット完結と呼ばれるシステムが拡充されており、店舗窓口に必要書類を持参することなく全ての手続きをネット上で行えるやり方が人気を呼んでいます。

ネット申し込みにおいては、まず申請画面に氏名、年齢、職業、勤務先、年収、借り入れ希望額などの諸情報を書き込んで申請することですぐさま銀行側の審査が行われます。また審査過程において、すでにその銀行に口座開設している人に関しては既に然るべき本人確認が済んでいるという扱いとなり、手続きを簡略化できるなどのメリットが受けられます。

また申し込みの過程では、場合によって自動車免許証や保険証といった身分証明書や、収入額の証明する源泉徴収票や給与明細書を提示しなければならないケースも生じます。こういった際、かつては書類の写しの送付やファックスが必要でしたが、ネット完結が拡充されてからはパソコンやスマートホンのカメラ機能を使ってこれらの書類を撮影し、その画像データをアップロードするかたちで事足りるようになっています。

銀行の借り入れ申請となると誰もが長時間に及ぶ厳重な審査をイメージしがちですが、このようにネット完結が採用されてからは実に迅速で利便性の高い融資が行われています。日々の生活においても大きな支えとなってくれることでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 20歳でお金借りるならココ!学生でも融資可能なキャッシング All Rights Reserved.